市営住宅のリフォーム 横須賀市林

見えない下地処理で差が付く仕上がり
市営住宅リフォーム画像
横須賀市にある市営住宅のクロス(壁紙)のリフォームを施工させていただきました。

前施工者さんはモルタル下地に直接施工されたようで、パテも下塗り用で仕上げ用のパテは使用されていませんでした。
クロスの剥がれ・下地処理画像
そのためモルタルから発生した「アク」により写真のように継ぎ目からクロス(壁紙)が剥がれていました。その対処法として以下の方法で施工いたしました。

  1. 古いクロスを剥がす
  2. 壁全面にシーラー(下地補強材)を塗布
  3. 枠廻りにアクリル接着剤を入れる
  4. クロスの合わせ目にはジョイントガードテープを入れる

これで、クロス(壁紙)が剥がれることは無くなると思います。


関連記事


おすすめ記事