ノンスリップシートの施工2 マンションの外部階段

前回投稿の記事【ノンスリップシートの施工1 マンションの外部廊下】の工事の際、階段と踊り場も施工させていただきました。

%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%b8%8a%e3%82%8a%e5%a0%b4

%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e9%9a%8e%e6%ae%b5

%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%b9%b4%e8%be%bc

踊り場・階段も同じノンスリップシートで施工いたしました。

施工前の状態

%e5%a4%96%e9%83%a8%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%89%8d

%e8%b8%8a%e3%82%8a%e5%a0%b4%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%89%8d

前回の廊下と同じく階段も退色していましたが、蹴込(けこみ:垂直の面)は特にペンキの剥がれが激しく、かなり劣化していました。

シートの施工

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e7%b3%8a%e3%81%ae%e5%a1%97%e5%b8%83-2

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e7%b3%8a%e3%81%ae%e5%a1%97%e5%b8%83

シートの施工自体は前回記事【ノンスリップシートの施工1 マンションの外部廊下】と同じ流れで行います。

上の2点は下地処理 → 清掃 → 接着剤の塗布を終え、シートを貼り付ける前にオープンタイム(半乾燥状態にするための待ち時間)を取っている時の写真です。

%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%b8%8a%e3%82%8a%e5%a0%b4-2

踊り場部分は外部廊下と同じシートを敷き込み、空気を抜いてローラーで圧着します。

階段の踏み面・蹴込み・顎

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e8%b8%8f%e3%81%bf%e9%9d%a2%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97-2

踊り場を除く階段部分は上面の【踏み面】・垂直部の【蹴込み】が繋がっていて、顎と呼ばれる角部に滑り止めのノンスリップが付いている専用の物を使います。

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e8%b8%8f%e3%81%bf%e9%9d%a2%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97-1

この階段用のシートの幅や前後を調整して切り落とし、使用します。

%e9%a1%8e%e9%83%a8%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e6%8e%a5%e7%9d%80

シートの顎(あご)のノンスリップ部には、下地とノンスリップぶを固定するための両面テープが付いています。
ですがシートを敷き込む際に、より強固に接着する補強としてシリコンコーキングを塗ってから敷き込みを行います。


関連記事


おすすめ記事